2018.8 今年の夏休み part.3

観光スポット

さてさてバタバタな二日目を終えまして、いよいよ和歌山を楽しみましょう!!

 

朝一、本当は昨日の予定だった那智の滝まで!!

 

というかとにかく朝暑すぎてゆっくりコーヒーくらい飲んでとか思ってたけど

まさかのホットなんて飲む気にもなれずw

 

暑すぎて早く出発しようとなり、まだお店も開いておらず

(干物とかやってるお店あったけど案の定まだ空いてない、のちに出てきますが)

朝ごはんはコンビニでまたチャチャっとw

 

しかも和歌山無料の高速道路があって結構どこ行くにも便利!

無料なんて気軽に乗れるし!

 

あちー。

駐車場。

 

まぁそうですけど有料ね!

ここはお土産屋さんでのソフトクリームの割引券もらって

500円でした。

 

他もいくつかあったけど高いと800円とか?

あと30分くらい歩いてもいいなら無料の駐車場もあるみたい。

 

それにしても滝だけじゃなく上の方に熊野那智大社やら諸々あるので

そっちもいったりすると何処が一番近いのか調べたほうがいいかも?

 

ちなみに上の方にも無料駐車場あるんだけど有料道路通るので800円かかるみたい。

でもそーとー登るので体力自信ない方はそちらもご検討を。

 

わたしは頭にそれがよぎりました。。。←もう老いを感じる笑体力なさすぎw

 

小さく見えるは滝。

 


こんな感じの地図でございます。

うちらは右回りです。

 

まず、滝までこんな石階段を登る。。。

息子はずんずん。

 


日本一の高さの滝。

 

もっと近くにいくなら300円。

あと延命の水100円てのもありましたー。

 

 

那智の滝まではいいものの、

暑いなか、熊野那智大社までが辛かった。。

昔っから観光で参拝行くと歩くのが嫌だったなあ。。。

変わってないのか、私w

 

これは下りだけどこんなに登った。

子供たちより私が無理という悲しきかな現実。。。

 

これは上からかな?

暑すぎたーー。

 

ちなみにこの日名古屋は40℃近かったみたい。

わたしが真っ先に帰りたいコール笑

 

上からの帰り道はお土産屋さんの並ぶ石階段を下りて

日陰もそこそこにまだ楽だったかな笑

 

那智の滝からは近かった駐車場、少しだけ歩いて戻り、

水分補給😓
ちなみに

こんな道もあったよ。

 

ハイキングで歩く人はこちらから?

スポンサーリンク

はい、そこからキャンプ場の方までまた戻り、昼食。先ほど寄ってまだやっていなかったところ

「おざきのひもの」ってお店。

 

干物,通販,販売,専門店,干物のことならおざきのひもの 【年中無休!全国発送!】 
干物,通販,販売 干物の事ならおざきのひもの!新鮮な干物の販売!年中無休!全国発送! 街のひもの屋さん!

 

 

とりあえず頼んだものは

生まぐろ丼 1200円

しらす丼 800円

 

あとは干物定食ってのもあって650円。

結構いろいろ副菜もついてコスパは☆

 

メニュー少ないけどねw

 

いよいよ子どもたちお待ちかねの海へ!

 

どの海水浴場がいいのかな〜と調べているとなんと!

 

くじらと泳げる海水浴場の文字!

くじら浜海水浴場。

11時と13時の2回生簀からくじらが放たれて一緒に泳げるらしい。

しかも駐車場もシャワーも無料!

 

いいじゃん、どこ?となると

さっき行ってきた那智の滝の近辺。

 

 

いや遠すぎるわw

 

むっちゃ興味あるけど遠いわw
もう昼過ぎだったのでそんなに泳ぐわけじゃないし

それなのに駐車場代払うのもな〜(ケチ魂炸裂w)

 

と思いながらとりあえず海のあたりドライブ。

 

いやさすが和歌山。
なんかシュノーケルできそーなとこあるジャン〜

 

シュノーケルしたいから海水浴場みたいな砂浜じゃなくていいんだよ〜

岩場がいいんだよ〜w

 

 

どうしてもってモリを手にする男。

和歌山、全面モリ禁止ねw

 

おまわりさん、使ってないから!!ご勘弁を〜w

 

水の透明度!!

魚も種類多いし楽しーーーーーー
ニモちゃんもいたよ。

 

 

海女さんかw

 

 

子どもたちも大満足。

 

あとこの日は串本の夏祭りがあって花火も打ち上がったよ〜

満足満足。

 

疲れてヒーヒー言ったのは置いておき、

やっぱ海最高!からの和歌山めっちゃいいじゃん!

また続きます。

 

2018.8 今年の夏休み part.4
さてさていよいよ夏休みも後半に突入です。 撤収して向かうは白良浜!! ずっと行ってみたかったんだ〜どんな綺麗な海なのか〜な〜 と楽しみにしつつ、旦那が最南端まで行くぞとのことで ...

 

 

コメント